誰もが気軽に参加できる管理組合の実現により、マンション資産価値の維持・向上を目指します。

たかはしマンション管理士事務所の特色

対応エリア内では初回相談無料

問題解決は、対応が遅れれば遅れるほど複雑・困難になる!

・・・わかってはいても、つい後回しにしたくなるのが問題解決です。

マンションには、将来に向けて対応していかなければならない課題が山積しています。

それらの課題に対して正面から向き合おうと動き出した、管理組合の皆様のご決断とお覚悟に対して、たかはしマンション管理士事務所は深い敬意を表します。

ですから「対応エリア内での初回相談無料」は、管理組合サポーターを自認する当事務所にとっては当然のことと考えています。

もちろん、無料相談をご利用いただいた後、他のコンサルタントの支援を受けることも、まったく異なる解決を目指すことも、皆様の自由です。

管理費滞納への対応は、おまかせいただくことが可能

当事務所のマンション管理士は、簡裁代理権を有する認定司法書士(第二期)でもあります。

そのため請求元金が140万円以内ならば管理費等の滞納に対して理事長様の代わりに(代理して)対処することができ、理事長様の代わりに出廷することも可能です。

競売申立てや強制執行については、司法書士として書類作成に関与することができます。

一般のマンション管理士や行政書士には、訴訟代理や訴訟外交渉はもちろん、訴状をはじめとする裁判書類の作成も、いっさい認められておりません。

弁護士や認定司法書士に訴訟等の代理を委任するには、高額な着手金・報酬金がネックとなります。

この点についても、後払い定額制を導入しており、滞納問題に頭を悩ませていらっしゃる管理組合様にとりましては大きなメリットになるはずです。

一切の管理会社・設計事務所等とは無関係!公正、中立、100%管理組合サイド!

マンション管理士の中には、「管理会社の勤務経験がなければ、マンション管理士として管理組合のコンサルタントはできない」と言う者もおりますが、実にとんでもない話です。

むしろ、管理会社や設計事務所等とは一切しがらみがなく、完全なクリーンハンドでなければ、100%管理組合の立場に立った公正で中立なコンサルタントができるはずがないと思います。

不動産関連業界では、リベートやキックバック、談合といった悪しき慣習が、一部でいまだに横行しています。

これらによって生じる不利益は、たとえば割高な修繕費といった形で、見えないところで管理組合にツケが回されてくるのです。

たかはしマンション管理士事務所は、管理組合の資産を食い物にしかねないリベートやキックバック、談合といった一切の不正を断じて許しません

20年間司法書士業務も続けてまいりましたが、そちらでも不動産業者へのキックバックは断固拒否し続けております。

お気軽にお問い合わせください TEL 04-7186-6007 受付時間 8:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © たかはしマンション管理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.