誰もが気軽に参加できる管理組合の実現により、マンション資産価値の維持・向上を目指します。

長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービス

  • HOME »
  • »
  • 長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービス

適切かつ無駄のない長期修繕計画と、それを実施するために必要十分な額の修繕積立金。

これら2つがバランス良くととのわない限り、いつまでも快適に暮らすことができる、魅力的なマンションであり続けることはできません。

当事務所の長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスは、

  1. 修繕実績や建物診断の結果を踏まえて共用部分の長期修繕計画を再検討し、
  2. 個々のマンションの実情にふさわしい新たな長期修繕計画の策定を専門会社と協力して行うとともに、
  3. 修繕積立金の額の設定が妥当なものであるかどうかを検証し、
  4. 設定に問題がある場合には改善策を提案・実行していくことにより、
  5. 究極的にはマンションの資産価値保全を実現すること。

以上を主な目的としています。

なお、長期修繕計画の策定それ自体は専門業者(管理会社含む)が行うもので、原則として当事務所が行うものではありません。あらかじめご承知おきください。

1. 長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスのメリット

(1)漏れがなくかつ無駄のない長期修繕計画でトラブルを回避

将来見込まれる修繕工事及び改修工事の内容、おおよその時期、概算の費用などを明確にし、かつ、マンションの現状に応じた無駄のない適切な長期計画を組むことによって、組合内で合意をまとめやすくなり、トラブルなく修繕工事を実施することができます。

鉄筋コンクリート造の頑丈なマンションであっても、建物のメンテナンスは重要です。
見落としや放置があれば、共用部分の給排水管からの水漏れや外壁の剥落のような大きなトラブルにつながりますから、漏れのない長期修繕計画であることは非常に重要です。

いっぽう、長期修繕計画は1度作れば終わりというものではありません。マンションの材料や施工精度、環境、組合員の要望など個別の事情に応じて、定期的に見直すべきものです(国交省の指針では5年)。
修繕工事の内容やサイクルを見直すことで、無駄を省ける余地が生じる可能性があります。

また、長期修繕計画はあくまで目安にすぎませんから、計画にある工事を「まだ大丈夫」として行わないということも、計画にない工事について総会決議の上で実施することも、いずれも可能です。
しかし、適切な長期修繕計画がそもそも存在しなければ、その都度、工事の妥当性をめぐって議論が紛糾しかねません。やはり、適切に計画しておくに限ります。

長期修繕計画の作成それ自体は専門業者(管理会社を含む)に発注することが一般的ですが、修繕周期や計上された金額などが妥当なものかどうかを判断するのは一般の方にとって非常に困難です。
また、専門業者は管理規約や組合内の合意形成にはほとんどタッチしませんから、これらの点に関するアドバイスはあまり期待できません。

当事務所の長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスは100%管理組合様の立場に立ったコンサルティングですので、長期修繕計画の見直しには最適です。

(2)修繕積立金の見直しもわかりやすく、しかし徹底的に!

長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスは、その名のとおり修繕積立金の額の設定に関するコンサルティングを含んでいます。
修繕積立金について現状把握から始まり、値上げも視野に入れた改善提案を図表やグラフを用いてわかりやすく行い、改善案が総会で円満に承認を得られるまでサポートするので、修繕積立金の不足に悩む管理組合様には必ずお役に立てるものと自負しております。

「修繕積立金が足りない!!」

このような場合、修繕を実施するためには

  1. 修繕積立金を値上げする
  2. 一時金を徴収する
  3. 借り入れをおこす

上記の方法のいずれかを選択することを迫られますが、理事会や総会で合意を得るのは、どれも容易ではありません。
これらの合意を得るためには相当な時間と労力を要しますから、手順を踏んできちんとした根拠を示しながら、早め早めに手を打つ必要があります。

特に修繕積立金の額の設定の見直しは、感情を排し理詰めで行わざるを得ないところが管理組合役員の皆様にとって非常につらいところですが、当事務所の長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスが大きな助けになることは間違いありません。

(3)役員の皆様の労力を大幅に軽減できる

長期修繕計画の見直しは、修繕積立金の額の水準見直しを伴うことが少なくありません。
これに加えて、組合員の皆様にアンケートを取ったり、建物診断が必要な場合はその業者を選定したり、建物診断の実行をフォローしたり…良い長期修繕計画を作ろうとすれば作ろうとするほど、役員の皆様のご負担が大きくなっていきます。

当事務所の長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスは、管理組合の皆様がより良いものを目指すかぎり徹底的にフォロー。役員の皆様のご負担を最小限にとどめます。

2. 長期修繕計画&修繕積立金コンサルサービスが有効なケース

  • 今の長期修繕計画が適切なものかどうか、不安がある
  • そもそも長期修繕計画書そのものを見た記憶がない
  • 建物診断を行うかどうか悩んでいる
  • 信頼できる専門業者の探し方がわからない
  • 修繕積立金が不足している、不足しそうだ
  • 将来に向けて、修繕積立金の水準を検討したい
  • 管理会社にすべておまかせしていいかどうか、不安だ
  • 修繕積立金の額の設定で、もめるのはなるべく避けたい

3. 長期計画&修繕積立金コンサルサービスの内容(例)

(1)   検討開始段階

  • 長期修繕計画書や修繕実績、各種の書面・図書及び現地の確認
  1. 検討期間は適正か
  2. 修繕周期はおおむね正しいか
  3. 設備はすべて網羅されているか
  4. 工事仕様や数量が明記された資料(積算資料など)はあるか
  5. グレードアップは検討されているか
  6. 金額の根拠は明確になっているか
  7. 消費税は現状と一致しているか
  8. 修繕積立金の水準は妥当か
  9. 借入や一時金は必要か
  • 建物診断報告書の確認
  1. 必要に応じ建物診断の実行にあたる業者選定をバックアップ

(2)   長期修繕計画の発注

  • 必要に応じ、組合員の皆様向けアンケートの実施をサポート
  • 管理会社に長期修繕計画の作成を依頼
  • 専門業者に依頼する場合、仕様書を作成して複数の事務所に見積を依頼(公募)
  • 見積一覧表の作成
  • 検討会やヒアリングの実施
  • 組合員の皆様に対する広報の充実
  • 成果品のチェック、理事会への報告

(3)   修繕積立金の額の水準検討

  • 必要に応じ、組合員の皆様向けアンケートの実施をサポート
  • 理事会や専門委員会をサポート
  • 図表やグラフを活用した説明による問題意識の共有化
  • 議事録素案のチェック
  • 組合員の皆様に対する説明会の実施
  • 組合員の皆様に対する広報の充実

(4)   総会承認

  • 総会議案書の作成サポート、総会への出席

(5)   総会承認後

  • 長期修繕計画書の保管や組合員の皆様への告知をサポート
  • 定期的(おおむね5年後)な見直しフォロー
  • 修繕積立金の収納状況をフォロー

4. 長期計画&修繕積立金コンサルサービスのご契約の流れ(個別業務でご依頼の場合)

(1)お問い合わせ

まずは、当ホームページのお問い合わせフォームや電話でお問い合わせください

(2)訪問による課題の確認

原則として当職が貴マンションを訪問し、長期修繕計画書や修繕積立金の収納状況などを確認の上、お客様のご要望を確認いたします(無料)。
必要に応じ、提案書・見積書を用意いたします(無料)。

(3)長期計画&修繕積立金コンサルサービスのご検討・ご審議

契約案をお渡ししますので、長期計画&修繕積立金コンサルサービスの利用について、原則として理事会にてご検討の上、ご審議いただきます(規約や予算との関係で、総会決議を要する場合もあります)。

(4)   契約内容の最終確認・契約締結

理事会決議によるご承認の後、契約内容についての最終確認を行い、契約書を締結して本サービスをスタートします。

5. 費用について

報酬表をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 04-7186-6007 受付時間 8:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © たかはしマンション管理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.